イベント

2022年夏の暑さや猛暑はいつまで続く?ピーク予想や対策グッズも!

2022年の夏、猛暑が予想されています。

まだ5月だというのに猛暑日(最高気温35度以上)がありました。

5月29日、真夏日(最高気温30度以上)は260地点を超え全国的に暑さが始まった日でもあります。

6月は各地で最短記録の梅雨。

6月27日、九州南部・東海•関東甲信は梅雨明けしました。(平年と比べると九州南部では18日、東海•関東甲信では22日早い梅雨明け)

そして6月最後の週末や7月初日、40度越えの地域もあった厳しい猛暑日。

こうしてみると梅雨が短くなった分、夏の暑さや猛暑が長くなったように感じられます。

普通の人間の体温から見てこの異常な暑さや猛暑、かなりやばいです。

昨年も全国各地で連日猛暑日が続きましたが、2022年の夏はどうなるのでしょう?この危険な暑さや猛暑はいつまで続くのでしょうか?

そこで今回は2022年夏の暑さや猛暑について調べてみました。

この記事でわかること

  • 2022年夏の暑さや猛暑はいつまでか
  • 2022年夏の暑さや猛暑のピーク予想
  • 2022年夏の暑さ対策おすすめグッズ(屋外用・子供用・ゴルフ用)

2022年夏の暑さ(猛暑)はいつまで続く?

2022年夏の暑さや猛暑は6月〜9月後半頃までと予想されています。

昔からことわざで「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言われているように、夏の暑さは秋分の日ごろから徐々に落ち着いていくようです。(今年のお彼岸はは9月20日〜26日、秋分の日は9月23日)

平年よりも早く暑くなり、暑さが和らぐのは平年より遅くなりそう。

2022年の夏は、暑さや猛暑の期間は平年より長いということです。

そして今年の夏は、例年よりさらに暑くなりそうです。

気象庁による3カ月予報(7〜9月)の平均気温は、北・東・西日本で高い確率50%でした。

ウェザーニュースでも、全国的に平年より厳しい暑さという判断のようです。

7月〜9月の気温について、沖縄は平年並か高く、その他の地域は平年より高くなるという見解です。

引用ウェザーニュース

では、その暑さや猛暑のピークはいつ頃なのか?細かくみていきましょう!

2022年夏の暑さピークはいつからいつまで?

平年の場合8月に1回だけですが、今年のピークはいつもと違い7月後半と8月後半の2回あると予想されています。

その原因は、日本の上空で2つの高気圧の勢力が強まり影響を受けるからです。

7月初め勢力を強める太平洋高気圧とより上空にあるチベット高気圧。

2つの高気圧はそれぞれ高度が違うため、チベット高気圧が日本付近まで広がると大西洋高気圧と上空で重なり合いダブル高気圧となって35度以上の厳しい暑さをもたらします。

その影響により最高気温が35度以上の猛暑日が続いたり、フェーン現象の起きやすい地域では40度前後の酷暑日になる可能性が大きいと言われています。

2022年7月は西日本から北日本にかけ、8月は全国的に暑さが厳しくなる見通しです。

box1引用ウェザーニュース

 

2022年暑さ対策グッズを紹介

ここで、2022年の夏の暑さや猛暑に備えておきたい対策グッズを紹介します。

暑さ対策で少しでも快適な夏を楽しみましょう。

屋外での暑さ対策グッズ

屋外での暑さ対策は、高温対策。外出に便利なアイテムをベスト3を取り上げてみました。

①体の内側からケア、水分補給に最適な経口補水液

暑い夏は汗をかきやすいため水分やミネラルを奪われてしまいます。必ず水分補給をしましょう。

経口補水液は塩分を含むのが特徴。脱水症状になった時、効果的にナトリウムと水分を補給できる優れたアイテムです。

熱中症対策としても重宝しますので、用意しておくといざというときに安心です!


 

②体温を正常に保ちクールダウンできるネッククーラー

暑さ対策には体温調節も大切です。体温が上がって暑気を感じたときは首を冷やすようにしましょう。今は首元を冷やすアイテムが豊富に出ていますので、自分が使いやすいアイテムを選んでみてください。


 

 

③強い日差しから自分を守る遮光100%の日傘

暑さ対策として、夏の強い直射日光は避けたいものの一つです。環境省は「熱中症対策として夏の熱ストレスを低減できる日傘の活用」を薦めています。

日傘をさした場合、日向に比べ1〜3程度暑さ指数低減が認められました。

他にも紫外線防止ができるので、日焼け防止にも。


 

子供におすすめの暑さ対策グッズ

夏の暑さに負けず、子供達が元気に遊べるような安全なグッズを選んでみました。

子供の暑さ対策グッズ①冷却タオル

この冷却タオルは蒸発熱を使って冷え冷えを楽しめます。

首元に巻いてクールダウンできるお手軽で便利なタオルです。

持ち運びできる入れ物付きなのもうれしいですね!


 

 

子供の暑さ対策グッズ②おしゃれで涼しい! キッズアイスリング SUO

外出や通学の時に首にかけるだけなので簡単で熱中症対策になります。

28℃以下で自然に冷えて固まる優れもので繰り返し使えるので環境にやさしいのが嬉しいですね!

両手を使わないので子供にピッタリです。


いろんな柄が選べのてかわいいので子供も喜んでつけてくれますよ!

 

 

子供の暑さ対策グッズ③夏の外出時のバッグに塩レモンキャンディ

子供が通学や外出する時の熱中症対策に。

塩分補給やビタミン、クエン酸がとれます。暑い時ほどひんやりとして気持ち良い飴。

 


ゴルフ時におすすめの暑さ対策グッズ

長時間野外で行うゴルフ用の暑さ対策グッズを最後に見てみましょう。

①あらゆる暑さに使い方色々 氷嚢 飛衛門

熱中症だけでなく、プレイ中の怪我や発熱時にも使えるグッズ。

氷嚢は今あまり見られなくなったと思いきや、いつの間にか多様なデザインになっていました。

使用機能も結露防止や氷を入れる時入れやすい大気な口径など使いやすさもバージョンアップされていました。


②野外にはクーリングネッククーラー

クーリング機能付きネッククーラー。

内側素材に高吸収繊維を使用しており水に濡らすことで気化熱でクーリング機能が働きます。

水分を補うことで何度も使用できます。

ゴルフに限らずアウトドアやスポーツ、屋外用におすすめの熱中症予防グッズ。


暑さから身を守る空調服ベストフルセットファンバッテリー

夏の暑さや猛暑対策に!2つの空調ファンで涼しめベスト。

野外作業やガーデニング、アウトドア、スポーツ観戦などいろいろな場面で使えます。

モバイルバッテリーで起動できるUSBタイプ。

リモコンで3段階風量調整も可能。10000mAhで最大約7時間連続使用可能。



 

まとめ

今回は、2022年夏の暑さや猛暑はいつまで続く?ピーク予想や対策グッズも!についてまとめていきましたがいかがだったでしょうか?

2022年夏の暑さや猛暑は9月後半まで続くと予想されています。平年より気温が高く、期間も長いので厳しい暑さになりそうです。

この暑さや猛暑のピークは7月後半と8月後半の2回あるとみられています。その原因は、日本の上空で2つの高気圧の影響を受けるからです。

熱中症対策のグッズを利用しながら、体調に気をつけましょう。今人気なのは首を冷やすネッククーラーやアイスリングです。

暑さ対策グッズを活用して猛暑の夏を乗り越えましょう!

 

 

 

14:38