エンタメ

【映画】アキラとあきらの配役!横浜流星・竹内涼真主演でドラマ版キャストとの違いは?

半沢直樹や下町ロケットなどで大人気の池井戸潤さん作の小説「アキラとあきら」が、人気俳優の横浜流星と竹内涼真のW主演で上映されることが決定いたしました!

横浜流星さんと竹内涼真は初共演となりますし、原作も池井戸潤さんに三木孝弘監督さんということで早くも期待の声が続出で話題となっていますね!!

今回は、【映画】アキラとあきらの配役は?横浜流星・竹内涼真主演でドラマ版キャストとの違いは?ご紹介したいと思います!

アキラとあきらの配役は?!ドラマ版とのキャストの違い

今回の映画は竹内涼真さんとと横浜流星さんのW主演です!

アキラとあきらは2017年にWOWWOWでドラマ放送もされていました!

 

山崎瑛(やまざきあきら)役:竹内涼真

東京大学出身。子供のころ父の経営する会社が倒産し夜逃げも経験する。自分と同じような人を救いたいと思いから銀行に入社。彬と同期。

過酷な運命に立ち向かいながらも強く生きる。

ドラマ版では、斎藤工さんが配役されていました!

階堂瑛(かいどうあきら)役:横浜流星

東京大学出身。大企業「東海郵船」の御曹司としての宿命にあらがい、銀行員としての道を選ぶ。瑛と同期。

ドラマ版では、向井理さんが配役されていました。

追加キャストに、髙橋海人さんが発表

階堂龍馬 役:髙橋海人

彬の弟。優秀な兄に何もやってもかなわないと強い劣等感を感じている。

髙橋海人さんは初の社長役に挑戦!

ドラマ版では、賀来賢人さんが配役されていました!

横浜流星さんとの共演シーンが多く、不安そうな顔をしているときにたくさん声をかけてくれたそうです。

「こんなお兄ちゃんが欲しかった」とコメントしていました!

 

親の会社の倒産で苦しい少年時代を過ごしてきた彬と大企業の御曹司として宿命を背負いながら生きてきた瑛

対照的な2人が互いに刺激しあいながら苦難を乗り越えていく!という内容です!

https://twitter.com/shu_koshiki/status/1463277216578818049?s=20

泥臭く男らしい役が似合う竹内さんと、エリートでシュッとした役が似合う横浜流星さん配役がそれぞれぴったりはまっていますね☆

初共演となる二人の演技とっても楽しみですよね!

ドラマ版のアキラとあきらもカナリ評判がいいですし、上映までの間にみるのもおすすめです!

現在31日間無料期間で、お得に閲覧できますよ!

U-NEXT

原作の小説もおもしろいと評判ですので、要チェックです!


 

アキラとあきらの上映はいつから?!

 

[映画]アキラとあきらは2022年8月26日に上映されます!

撮影現場を目撃した方は、横浜流星さんと竹内涼真さんのスタイルやイケメン具合に驚かれたようです。

ドラマや映画で引っ張りだこの二人がW主演なんてとても豪華ですよね!

 

クランクアップはすでに終えているようなので、目撃することはもうなさそうですが、上映が楽しみですね!

キャスト発表を見たみんなの感想

キャスト発表を見た感想が話題となっていますね!

人気俳優二人のW主演ですし喜びの声がたくさんありました!

 

「アキラとあきら」は2017年に斎藤工さんと向井理さんのW主演でドラマ化していました!

ドラマを見ていた方からは斎藤工さんと向井理さんの配役が完璧すぎて違和感を覚える方も多いようですね。

 

斎藤さんと向井さんに比べると確かに年齢がフレッシュになった印象ですよね!

横浜流星さんと向井理さんはドラマ「着飾る恋には理由があって」でも共演していて、今回も「階堂瑛」という同じ役を演じていることでも話題となっていました!

 

髙橋海人さんが龍馬役に配役されたことで、ファンの方の祝福の声も多くあがっていました!

今後も新たなキャストの発表がされると思うので、情報がはいりましたら追記させていただきます♪

まとめ

今回は、【映画】アキラとあきらの配役は?横浜流星・竹内涼真主演でドラマ版キャストとの違いは?について紹介していきましたが、いかがだったでしょうか?

アキラとあきらの上映は2022年8月26日と発表されております!

キャストについては、山崎瑛(やまざきあきら)役が竹内涼真さん、階堂瑛(かいどうあきら)役が横浜流星でW主演で大変豪華です!

追加キャストに髙橋海人さんが彬の弟役で発表されました!

これから発表される新キャストも今から楽しみですね!

キャスト発表についての感想も話題となっており、特にドラマ版での斎藤工さんと向井理さんにからめた話題が多くみられました!

まだ公開まで時間があるので、情報が随時発表されましたらまた追記させていただきます!

それでは今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。