人物

有吉弘行と上島竜兵のエピソード!還暦祝いのオメガ時計の値段がすごい

有吉弘行さんは上島竜兵さんを慕う集いの竜兵会のメンバーであることが有名ですよね!

有吉弘行さんと上島竜兵さんには数々のエピソードがあり、有吉さんは上島さんを本当に尊敬して慕っていました!

そして、上島竜兵さんの還暦のプレゼントには赤い文字版のオメガの腕時計をプレゼントしています!

今回は、有吉弘行と上島竜兵のエピソード!還暦祝いのオメガ時計の値段がすごい!についてまとめていきます!

上島竜兵の嫁広川ひかるの現在は釣りに夢中で後輩芸人と浮気?子供がいない理由は?不倫ダチョウ倶楽部の上島竜兵さん。 上島竜兵さんを慕う竜兵会のメンバーには、有吉弘行さんや土田晃之さんなど大物の名前も多く、後輩芸...

有吉弘行と上島竜兵のエピソードまとめ

有吉弘行さんと上島竜兵さんの出会いは有吉弘行さんがまだ猿岩石だったころです。

猿岩石でのブレイク後、一気に仕事がなくなった有吉弘行さんは引きこもりがちになってしまいました。

そんなときにも上島竜兵さんは、有吉弘行さんをいつも気にかけ、竜兵会に誘い、現在大活躍している芸人との交流を持たせてくれました。

上島竜兵さんの優しさはそれだけに収まらず、一発屋としてからかわれる有吉弘行さんに「俺はお前が好きなのに、なんで仕事がないんだ」「俺はお前がいないと生きていけないんだ」などと号泣し、「月30万やるから、いつも俺のそばにいてくれ」とも言っていたようです。

有吉弘行さんが一番精神的につらい時に支えてくれた存在が上島竜兵さんだったということでしょう!

義理堅い有吉弘行さんは、「上島竜兵の老後は俺が見る」と話し、上島貯金というものまでしていたそうです!

上島竜兵さんにはお子さんがおらず、介護の心配はないよ!とそういったメッセージも込めてこの発言をしていたのかもしれません。

実の親子でさえ、老後の面倒はみたくないという人もいる中、この発言は上島竜兵さんはとても嬉しかったでしょうね!

有吉弘行さんが涙を流すのは上島竜兵さんの葬式だけだ。とSNSで投稿していたこともありました。

まさかこんなに早く実現してしまうとは・・・

上島竜兵さんのご冥福をお祈りいたします。

アメトークでも度々上島竜兵さんの特集は取り上げられており、つい最近竜兵会での「上島竜兵還暦SP」でお祝いをしたばかりでした・・・

その際にも有吉弘行さんの上島竜兵さん愛は凄まじく、とても印象的でしたね。

 

上島竜兵さんは俺の夢は有吉と嫁さん(夏目三久さん)と3人でを酌み交わすこと」と言っており、それに対して「グラス用意して待ってますよ!!」「迎えに行きます!」などと話していました。

 

このようなエピソードで有吉弘行さんと上島竜兵さんの2人の関係がとても深い絆で結ばれていたことがわかりましたね!

 

有吉弘行から上島竜兵への還暦祝いのオメガ時計の値段がすごい!

有吉弘行さんは上島竜兵さんの還暦のお祝いに赤い文字盤のオメガの腕時計をプレゼントしており、上島さんは大変喜んでいたようです。

その値段が40万円越えのもので、とてもかっこいいのです!

赤い文字盤がとてもセンスがいいですよね!

プレゼントしたと思われるオメガの腕時計の写真はこちら!


それ以外にも有吉弘行さんは「怒り新党」の番組内でも上島竜兵さんに赤い帽子をプレゼントしており、上島竜兵さんはこのときにもうれし涙を流していました。

上島さんは有吉さんからのプレゼントを大変大事にしており、「絶対に失敗できない仕事のときに着けていく」とラジオで語っています。

外したらきちんと箱に入れて枕元に置いておくほどの宝物のようです。

家族でもなく、先輩後輩でここまでの強い絆を持っている方はなかなかいないですよね。

有吉弘行さんがいまテレビでこれだけ活躍しているのも、つらい時期に支えてくれていた上島竜兵さんの存在が大きかったのでしょう。

まとめ

今回は、有吉弘行と上島竜兵のエピソード!還暦祝いのオメガ時計の値段がすごい!についてまとめていきましたがいかがだったでしょうか?

今回紹介したエピソードで有吉弘行さんと上島竜兵さんの絆がとても深いことがわかりましたね。

有吉弘行さんは上島竜兵さんの還暦のお祝いに赤い文字盤のオメガの腕時計をプレゼントしており、その値段が40万円越えで、とてもかっこいいセンスのある腕時計でしたね!

上島竜兵さんの姿がもう見れないのは悲しいですが、後輩芸人にとても愛されている上島竜兵さんなので、今後もエピソードの中で上島竜兵さんの存在は語り継がれていくのではないでしょうか。

上島竜兵の嫁広川ひかるの現在は釣りに夢中で後輩芸人と浮気?子供がいない理由は?不倫ダチョウ倶楽部の上島竜兵さん。 上島竜兵さんを慕う竜兵会のメンバーには、有吉弘行さんや土田晃之さんなど大物の名前も多く、後輩芸...
それでは今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。