音楽

関ジャム2022プロが選ぶ年間マイベスト10曲の結果は?ランキング1位は?

に選出しました毎年大ヒットするアーティストがランキングで先取りできる関ジャムの大人気企画【プロが選ぶ年間マイベスト10曲】が2022年1月9日(日)と1月16日(日)に放送されます!

年始はじめての関ジャムの放送ですし、毎年この企画を楽しみにされている方も多いのではないでしょうか?

今回はおなじみの蔦谷好位置さんといしわたり淳治さんに加えて、藤井風のアレンジを手掛けているYaffleさんが初登場します!

この中から毎年大ブレイクを果たすアーティストが誕生されるので、今回のマイベストも目が離せませんね!

今回は、関ジャム2022プロが選ぶ年間マイベスト10曲の結果やランキング1位についてまとめていきます!

関ジャム2022プロが選ぶ年間マイベスト10曲の結果は?

気になるプロが選ぶ年間マイべスト10曲の結果はこちら!

蔦谷好位置のマイベスト10曲

蔦谷好位置さんの1位はOfficial髭男dismの「アポトーシス」でした。
毎年蔦谷好位置さんにのマイベストに選出されるOfficial髭男dism
「コロナ渦のこの役2年の中でだれもが命について少なくとも一度は考えたと思います。
そんな中この曲は年を重ねていくパートナーの生死について生々しく描写しながら、生きることと愛について歌っていて、それを1曲の中で様々な創意工夫と技術を駆使しながら完璧に表現している。」

 

1位に輝いた「アポトーシス」は6分超えの大作で、「丁寧に1年かけて作り上げた芸術家としての心意気を感じて感動した!」とコメント!
1位:Official髭男dism「アポトーシス」
2位:Awesome City Club「勿忘」
3位:Vaundy「しわあわせ」
4位:STUTS&松たか子 with 3exes「Presence 全作品」
5位:浦上想起「爆ぜる色彩」
6位:ちゃんみな「太陽」
7位:Doul『Bada Bing Bada Boom feat.Zag SO-SO」
8位:宗藤竜太「ライムライト」
9位:LEX「MUSIC」

10位:kiki vivi lily「New Day(feat.Sweet William)

いしわたり淳治のマイベスト10曲

1位はAdo「うっせぇわ」でした!

「プロのミュージシャンからは流行語が生まれない時代が長く続いて、寂しく思っていた。
社会現象にもなったうっせぇわは純粋に嬉しかったし、今の音楽界においてとても意味のあるヒットだったと思う。
彼女の音楽的なセンスの良さ、唯一無二の声と歌唱力は、2021年一番の衝撃だったと思います!」とコメント

1位:Ado「うっせぇわ」
2位:宇多田ヒカル「PINK BLOOD」
3位オリヴィア・オドリコ「drivers License」
4位:Creepy Nuts「のびしろ」
5位:VAUNDY「踊り子」
6位:スピッツ「紫の夜を超えて」
7位:あいみょん「愛を知るまでは」
8位:セイレム・イリース「Coke and Mentos」
9位:YUKI「Baby,it’s you]
10位:マハラージャン「セーラ☆ムン太郎」

Yaffleのマイベスト10曲

Yaffleさんがの1位は宇多田ヒカル「One Last Kiss」でした。

 

「始まりから終わりまでの構成が流れるように進んでいく良さ。
素晴らしいシンガーが素晴らしいスピードで歌い素晴らしいミックスで仕上がっているというシンプルな楽曲の圧倒的な完成度」とコメント!

 

1位:宇多田ヒカル「One Last Kiss」
2位:A_o「BLUE SOULS」
3位:Awich「GILA GILA feat.JP THE WAVY,YZERR
4位:STUTS&松たか子 with 3exes「Presence 全作品」
5位:Kroi「BalmyLife」
6位:KM「Stay(feat.LEX)」
7位Vivaola「My Moon(feat.ZIN)」
8位:Tina Moon「Chicken Street」
9位:gato「XX(check,check)」
10位:新東京「Cynical City」

関ジャム出演者のマイベスト1

音楽のプロの視点だけではなく関ジャニ∞メンバーが選ぶ年間ベストもあるので、関ジャニファンの方たちも自分の推しが普段聞いている曲を知ることができて楽しめますね!

安田章大
WANIMA「離れていても」
横山裕
優里「ドライフラワー」
古田新太
関ジャニ∞「関ジャニ∞ on the stag」
村上信五
CHAI「Donuts Mind If Do」
大倉忠義
ブルーノ・マーズ「When I Was Your Man」
丸山隆平
キイヤマ商店「きいやまのアカサタナ」

昨年のプロが選ぶマイベスト10曲は?

昨年は蔦谷好位置さん・いしわたり淳治さん・川谷絵音さんの3名でのランキング発表となっていました!

【2020年の蔦谷好位置さん年間マイベストランキング】
1位:ROTH BART BARON「極彩 | I G L (S)」
2位:Tempalay「大東京万博」
3位:(sic)boy「Heaven’s Drive feat.vividboooy(Prod.KM)」
4位:TENDRE「HOPE」
5位:藤井 風「優しさ」
6位:Lucky Kilimanjaro「とろける」
7位:never young beach「やさしいままで 」
8位:Omoinotake「One Day」
9位:Ryohu「The Moment」
10位:どんぐりず「nadja」
【2020年のいしわたり淳治さんの年間マイベストランキング】
1位:YOASOBI「ハルジオン 」
2位:藤井 風「何なんw 」
3位:MIZ「パレード」
4位:りりあ。「浮気されたけどまだ好きって曲。」
5位:NiziU「Make you happy」
6位:ちゃんみな「ボイスメモ No. 5 」
7位:50TA「ラブアース」
8位:GOOD ON THE REEL「背中合わせ」
9位:ひらめ「ポケットからきゅんです!」
10位:秋山黄色「サーチライト」
【2020年の川谷絵音さんの年間マイベストランキング】
1位:藤井 風「罪の香り」
2位:ずっと真夜中でいいのに。「暗く黒く」
3位:yama「春を告げる」
4位:さとうもか「melt bitter」
5位:SuiseiNoboAz「3020」
6位:YOASOBI「群青」
7位:どんぐりず「マインド魂」
8位:MAMAMOO「Dingga」
9位:NEE 「不革命前夜」
10位:aiko「ハニーメモリー」

昨年の年間ランキングでは「藤井風」さんが大注目となりました。

蔦谷好位置さんは5位に「優しさ」、いしわたり淳治さんは2位に「何なんw」、川谷音さんは1位に「罪の香り」をランキングに入れていました!

日本の音楽界を代表する3人の中にすべて違う曲でランクインさせる驚異的な才能で見事に藤井風さんは昨年紅白に初出場となりましたね!

関ジャムでは昨年の藤井風さんのように、あいみょんやOfficial髭男dismことヒゲダンやKing Gnu、milletなどが売れるきっかけともなっており、今年のランキングも目が離せませんね!

関ジャムプロが選ぶ年間マイベスト2021今年の大注目アーティストは?

昨年の「藤井風」さんのように、今回のマイベストランキングでも、注目されたアーティストが大ブレイクを果たす可能性はかなり高いです!

今回のプロが選ぶマイベスト2021で注目されたアーティストはこちら!

宇多田ヒカル

 

Yaffleさんが1位に「PINK BLOOD」

いしわたり淳二さんが2位に「One Last Kiss」を選曲しました!

Vaundy

蔦谷好位置さんが3位に「しわあわせ」

いしわたり淳二さんが5位に「踊り子」を選出しました!

STUTS&松たか子 with 3exes

Yaffleさんと蔦谷好位置さんが4位に「Presence 全作品」を選出しました!

LEX

蔦谷好位置さんが9位に「MUSIC」

Yaffleさんが6位にKM「Stay(feat.LEX)」を選出しました!

 

各注目アーティストについてのコメントについて現在更新中です・・・

 

TV業界の方も参考にしてるのではないか!?というくらい毎回ドンピシャで大ヒットするので、今回は誰が注目されるのか見物ですね!

SNSでは今回のプロが選ぶ年間マイベストランキングの予想をしている方もいるので、まとめてみました!

[いしわたり淳治さんランキング予想]
マハラージャン・Wurts・MAISONdes

[Yaffleさんランキング予想]
Doul・ego apartment

[蔦谷好位置さんランキング予想]
Tempalay・Omoinotake・YONAYONAWEEKENDERS・penthouse

[全体の注目予想]
藤井風・Vaundy・Kroi

果たして今年のマイベスト10はどのような結果になるのか?

放送が楽しみですね!

まとめ

今回は、関ジャム2022プロが選ぶ年間マイベスト10曲の結果は?ランキング1位は?についてまとめていきましたがいかがだったでしょうか?

昨年の年間マイベストの結果をみても、この企画で注目された方が大ヒットする可能性は高いですよね!

まだあまり世間で知られていないアーティストをいち早く知ることのできるきっかけともなりますし、お気に入りの曲がみつかる予感大です!

年間マイベストのランキング結果は放送次第追記していくので楽しみにしていてください♪

 

それでは今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。