グルメ

料理初心者はレシピ選びが肝心!失敗しないレシピ探しのコツをご紹介

今回は、料理初心者の方にも作りやすいレシピを探す際のポイントをご紹介したいと思います。

料理が初めてという方は、どんな料理を作ったらいいかもわかりませんよね。

簡単料理と書いてあったから作ったにも関わらず、意外と難しくて失敗してしまうなんて経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?

料理に慣れていない方には、レシピ選びがとっても重要です!

今回はそんな料理に慣れていない方にはどんなレシピが作りやすいのかをわたしの失敗談も交えてお伝えしたいと思います!

料理初心者の方がレシピを探すときに重視するべきポイント

料理初心者の方はレシピをネットなどで探すことも多いと思います!

ネットはレシピの情報量がとても多いので、中には料理初心者の方にはハードルの高い内容もありますよね。

作ってみたら難しくて上手にできなかった!ということがないように、レシピ選びに重視するべきポイントをご紹介させていただきます!

調理工程が少ないレシピ

料理にあまり慣れていない方は、合えるだけ・炒めるだけなどの調理工程の少ないレシピをおすすめします!

あたりまえですが、工程が多いとその分内容も濃くなり難しい料理になります!

わたしもまだ料理に慣れない頃、グラタンを手作りで作ろうとしたことがあったのですが、マカロニを茹で、具材を炒めてホワイトソースを作り、そこから更にオーブン調理という工程の多さに頭がパンクしました!笑

案の定、ホワイトソースが思ったように作れず、サラサラのグラタンになってしまい失敗してしまいました(;^ω^)

初心者の方は、炒める、煮る、合えるだけなどの単純なレシピから始めていきましょう♪

調味料が少ない・王道な調味料を使ったレシピ

続いてのポイントは、調味料が少ない・よく使う王道な調味料のレシピを選ぶことです!

王道な調味料とは、しょうゆ・めんつゆ・ポン酢・マヨネーズ・ケチャップなどいろんな料理に使える、料理をしない方でも聞いたことのあるようなものです!

調味料の配合が増えるとその分計量もややこしく大変になりますし、あまり普段使わない調味料を「これを作るから!」といって買ってしまっても、ほかの料理に応用することが難しく、結局腐って捨ててしまう、ということが多々あるのであまりおすすめしません!

わたしも過去にマーボー豆腐を手作りしようと思い、豆鼓醤という普段見慣れない調味料があったのですが、疑いもなく購入しその後何に使えばいいかわからず、2度と豆鼓醤を使うことなく賞味期限が切れてゴミ箱行きになったことがありました(;^ω^)

こんな失敗がないように、調味料も王道なものを選びましょう!

初心者の方におすすめしないレシピ

料理初心者だったころのわたしの経験として、おすすめしない2種類をご紹介いたします。

揚げ物

揚げ物は料理に慣れている方でも火の通りや火加減などむずかしいです。

特にクリームコロッケ系のものは柔らかくなってドロンドロンに形が崩れやすいので注意してください。

わたしは冷凍のクリームコロッケでさえ、外がコゲてるのに中は冷たい、形はぐちゃぐちゃと散々な目にあったので、慣れるまでは手を出すのはやめたほうがいいです!笑

油ハネも慣れないうちはアタフタするので避けるのが無難ですね(^^;)

魚料理

これも私の経験からなのですが、料理に慣れないうちは魚料理の生臭さをなくすための下処理がまず面倒です!

しっかり下処理したはずなのに生臭いぞ!?ということがあったり、焼き魚でも火加減を誤って中が焼けていないなどなかなか苦戦したので、料理初心者の方はまずは簡単なお肉料理などから始めることをおすすめします☆

このふたつも、料理に少し慣れれば問題なく作れるようになるので、まずは簡単なものから少しずつ料理のレパートリーを増やしていってくださいね♪

まとめ

今回は料理初心者の方にも作りやすいレシピを探す際のポイントや簡単なレシピをご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

ネットの情報量はすさまじいので、今回のレシピを探す際のポイントをレシピ選びに役立てていただけるとうれしいです!

調理工程が少なく、調味料も聞き覚えのある簡単なものを使うと失敗が少なく簡単に作れると思います!

特に炒めるだけ、合えるだけ、煮るだけなど〇〇だけ!というようなレシピを探すのがおすすめです♪

揚げ物や魚料理についても、調理の手間や火の通り具合が難しいので、避けるのが無難ですね!

ぜひ今回ご紹介したレシピ選びのポイントを踏まえてながら、料理作りに挑戦してみてくださいね!

それでは、今回はここまでとさせていただきます。
また次回の「さきの簡単レシピとおすすめグルメブログ」でお会いしましょう!
さようなら。