人物

大江順一キャディの評判や経歴は?大西葵の前は藤田光里にもキレていた!

2022年6月23日に開催された国内日本女子ゴルフツアー「アース・モンダミン・カップ」で大江順一キャディが大西葵選手と試合中にぶちギレ、キャディの業務を放棄するというトラブルがありました。

今回は、大江順一の評判や経歴は?大西葵の前は藤田光里にもキレてキャディとして終わる?!についてまとめていきます。

この記事でわかること

  • 大江順一キャディの評判や経歴
  • 大江順一キャディ大西葵の前は藤田光里とも同様のトラブルを起こしていた

 

大江順一の評判が最悪!大西葵の前は藤田光里にもキレていた!

大江順一キャディの評判は今回のトラブル以前からよくありませんでした。

大江順一キャディについて、ツアー関係者は声をそろえてこのように語っていたようです。

「まず、挨拶ができないし、言葉遣いが乱暴。人を見下したような言い方をすることが多く、メディアからの評判もよくなかったですね。

以前、帯同していた選手の親に向かって、ひどいもの言いをするのを聞いた人もいます。何人かの女子プロゴルファーと噂になったこともあります」

引用:Yahoo!ニュース

 

基本の挨拶ができていないということや乱暴な言葉使いなどで元々評判が悪かった大江順さ一キャディ。

今回の大碧選手とのトラブルを簡単にまとめたものがこちら!

アース・モンダミンカップの8番ホールでトラブルは起こりました。

大西の打球は左ラフからシャンクし、右サイドのレッドペナルティーエリアへ。ボールが「境界線を横切った地点から2クラブレングス以内にドロップ」して第4打を打とうとした大西に対し、帯同の大江順一キャディーは「元の場所(第2打地点)から1クラブレングス以内」へのドロップを進言。

これを大西が受け入れなかったことで大江キャディーがキレた、という。

キャディーバッグを選手のもとへ運ぼうとせず、見かねた同伴競技者のキャディーが大西のいる地点へ持っていくと、このことにもキレ、17番グリーンから18番ティーグラウンドに向かう途中でも怒声をあげていた大江キャディー。

大西は18番ティーで泣き出し、しばしティーショットを打つことができなかった。

引用:日刊スポーツ

 

このように大西葵選手が自分の指示通りに動かなかったことに腹を立て、キャディ業務を放棄するという・・・

大西葵選手は泣き出してしまい、ティーショットをしばし打てない状況にまでなってしまったようです。

問題のシーンはこちらに動画で残っていました。(動画開始1分頃)

後ろ姿がうつっているときもずっと涙を拭いているようにみえますよね。

ただでさえ試合中の緊迫した精神状態の中、このようなトラブルになってしまい大西葵選手もかなり堪えたことでしょう・・・

 

SNSでは大西葵選手を同情する声が多くありました。

そして今回のトラブル以前にも、江順一キャディは2015年の中京テレビ・ブリジストンレディスオープンのプロアマ大会中、帯同していた藤田光里選手と試合中に口論でトラブルを起こしていました。

その際、大江順一キャディは「2週間の職務停止」藤田光里選手は「厳重注意」という形でトラブルを終えたようです。

ちなみに大江順一キャディと藤田光里選手は同じ指輪をしていたなどという理由で交際説が浮上していました。

実際に付き合っていたかは定かではありませんが、大江順一キャディは一度キレると手を付けられなくなってしまうようですね・・・

今回も同様のトラブルということでより一層強い処罰が下され、キャディとして姿をみることはなくなるかもしれません。

 

大江順一の経歴は?

大江順一キャディの経歴はこちら!

キャディ歴は2022年で19年目

2007年、ツアー通算10勝を達成した木村敏美選手のキャディーを長く務める

宮崎藍選手とのコンビで優勝経験も

その後、2015年に中京テレビのブリジストンレディースのプロアマ大会で 藤田光里選手と口論になり処分を受けています。

大江順一キャディはプロゴルフ歴はないようです。

キャディは専用の資格や免許が必要なわけではないので、指名があればだれでもキャディになれます。

しかし度重なるトラブルやマナーの悪さが目立っていたこともあり、なぜここまで多くのプロ選手がお願いするキャディになっていたのかは謎です。

外から見えないキャディとしての魅力もあったのでしょう。

まとめ

今回は、大江順一の評判や経歴は?大西葵の前は藤田光里にもキレてキャディとして最悪と話題についてまとめていきましたがいかがだったでしょうか?

大江順一キャディの評判は元々あまりいいものではなく、大西葵選手とのトラブルの前にも藤田光里選手との口論で2週間職務停止になっていました。

経歴としては、木村敏美選手のキャディーを長く務めていたり、宮崎藍選手とのコンビで優勝経験もあり、キャディ歴は19年。

プロゴルフ歴はなかったようです。

 

それでは今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。