イベント

佐世保シーサイドフェスティバル2022の穴場の場所は?屋台出店や駐車場も!

長崎県佐世保市の一大イベント「させぼシーサイドフェスティバル2022」が、3年ぶりに開催されます。

今年のメインテーマは「〜みんなdeシーフェス・させぼde最高の笑顔を〜」です。

第18回目を迎える「させぼシーサイドフェスティバル2022」は、例年約28万人の来場者が訪れるほど人気のイベント。

長崎県の人気花火大会上位にもランキングされています。(2022年9月1日現在2位)

新型コロナ感染症の影響により「佐世保シーサイドフェスティバル」は、2020年花火の打ち上げのみ、2021年は中止になりました。

今年は花火大会の他に、ステージイベントや水上綱引き大会なども予定しています。

さまざまなイベントがありますが、やはり夏の川辺で約3000発の迫力のある美しい花火や花火が反射して映る水面の夜景はゆっくり楽しみたいものです。

今回は「佐世保シーサイドフェスティバル2022」花火の日程や見える場所・穴場、屋台出店などを調べてみました。

この記事でわかること

  • 佐世保シーサイドフェスティバル2022 花火の日程・場所
  • 佐世保シーサイドフェスティバル2022 花火の見える場所や穴場スポット
  • 佐世保シーサイドフェスティバル2022の屋台
  • 佐世保シーサイドフェスティバル2022の混雑予想・トイレ
  • 佐世保シーサイドフェスティバル2022の駐車場・アクセス方法

佐世保シーサイドフェスティバル2022 花火の日程や場所は?

「させぼシーサイドフェスティバル2022」花火の日程・場所は以下の通りです。

  • 日時:2022年9月11日(日)20:00〜20:45 (予定)
  • 場所:佐世保市総合グラウンド裏 相浦川 河川敷付近より

「させぼシーサイドフェスティバル2022」の開催場所が、長崎県佐世保市総合グラウンドに変わったため、打ち上げ花火も場所が変わりました。

以前の「佐世保駅みなと口広場付近の海上」から、今年は「佐世保市総合グラウンド裏 相浦川 河川敷付近」に花火の打ち上げ場所が変わったので注意してください。

「佐世保シーサイドフェスティバル2022」の特徴は、約1Kmの河川敷で2500発打ち上げられる史上最大級のワイド花火です。

「させぼシーサイドフェスティバル2022」のクライマックス、大迫力の花火、これは絶対観ておきたいですよね。

事前に開催場所を確認しておきましょう。

「させぼシーサイドフェスティバル2022」イベント全体は、9月10日〜9月11日の2日間の開催ですが、花火の打ち上げは9月11日のみです。

9月10日(土)に行っても、花火は見れませんので気をつけてください。

コロナ感染予防対策のためイベントを変更する可能性もあります。

公式ホームページは直前までチェックしておきましょう。

佐世保シーサイドフェスティバル2022公式ホームページ

打ち上げ花火を見るのに、当日の天気も大事ですよね。

佐世保市周辺の天気予報

(荒天の時は、打ち上げ花火は中止になる場合があります)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ichiki(@ichiki02)がシェアした投稿

佐世保シーサイドフェスティバル2022 花火の見える場所や穴場スポット

「佐世保シーサイドフェスティバル2022」花火を鑑賞する周辺の場所・穴場や有料観客席を紹介します。

「佐世保シーサイドフェスティバル2022」花火の見える場所や穴場スポット

  • 金比羅神社
  • 佐世保総合グラウンド体育館
  • 千尽公園
  • 石岳展望台
  • 弓張岳展望台
  • 有料観客席
  • 無料観覧席の場所取りのコツ

金比羅神社

 

花火会場から場所は離れていますが、その分交通規制の影響はなさそうです。
神社から見える風景はとても見晴らしがよく、花火がよく見える穴場です。

 

佐世保総合グラウンド体育館

 

花火会場から近いので、大迫力の花火が楽しめる穴場です。

花火会場周辺よりは人混みを避けてゆったり花火が楽しめそうな場所。

「させぼシーサイドフェスティバル2022」のイベント会場を楽しんだ後に、こちらに移動して花火鑑賞を楽しんでみては。

会場に駐車場があるので、車で行っても安心です。

干尽公園(ひづくしこうえん)

 

花火会場から場所は離れていますが、高台から花火を見下ろす位置で鑑賞ができる穴場です。

花火会場とは違った雰囲気で花火を鑑賞できる干尽公園は、佐世保の夜景も楽しめます。

石岳展望台

 

360°絶景が見渡せる石岳展望台は、花火が見下ろせる最高の穴場です。

人も少なく混雑を避けてゆっくり花火鑑賞が楽しめます。

駐車場があるので、行きやすい場所。

映画「ラストサムライ」「坂道のアポロン」など映画の撮影で有名です。

弓張岳展望台

 

夜景スポットで有名な場所ですが、花火もみられる場所でもあります。

弓張岳展望台は、高いところから全体を見下ろす花火がみられます。

夜景と花火が両方楽しめる穴場。

駐車場やトイレ、自販機もあるのも便利です。

有料観客席 

 

「させぼシーサイドフェスティバル2022」の花火には有料観覧席が設置されています。

9月11日(日)当日打ち上げ時間が近づくと、会場周辺が大変混雑します。

少しでもゆっくり間近で花火を楽しみたい人には、有料観覧席もおすすめです。

チケットはエリア別に販売されています。

【 購入先 】

【 料 金 】

  • Bエリア 前売り券 2,000円 当日券 2,500円
  • Cエリア 前売り券 3,000円 当日券 3,500円
  • Dエリア 前売り券 1,000円 当日券 1,500円

チケット購入希望の方は、公式HPで花火観覧席のチケットについてをチェックしてみてください。

無料観覧席の場所取りのコツ


今年は例年と場所が違いますが過去の様子から、場所取りは15時ごろまでの方がよさそうです。

18時頃には場所が取られていて、もう既にシートがいっぱい敷かれていたからです。

早めに行って良い場所を探しておきましょう。

佐世保シーサイドフェスティバル2022の屋台や出店は?


「させぼシーサイドフェスティバル2022」では屋台の募集があり、多くの屋台や出店が予定されています。

今年屋台は約60店舗並ぶので、どんな屋台や出店が来るのかとても楽しみですね。

イベントチラシ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

能勢 花菜美(@kanami_nose)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Roromusic(@roromuzic)がシェアした投稿

他にもメインステージでYOSAKOI演舞・佐世保ジャズステディビッグバンドのLive、物作り体験や親子で楽しめるイベントもあって、一日中楽しめそうですね。

過去には地元で有名な名店や話題のお店の屋台が出ていて、イートインスペースも充実していました。

過去の屋台・出店

【お祭り定番メニュー】たこ焼き・唐揚げ・はしまき・牛串・胡瓜一本漬け

【スイーツメニュー】かき氷・チョコバナナ・冷やしパイン・削りいちご・カステラ

【ご当地グルメメニュー】佐世保バーガー・ニッパチバーガー・長崎角煮饅頭など

 

この投稿をInstagramで見る

 

EIKO(@eiko_okie)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomo (EIGHT&HALF)(@miyatooomo)がシェアした投稿

せっかくですから花火の打ち上げ時間まで、ご当地グルメを楽しんでみてください。

屋台をゆっくり楽しみたい場合は、午前中がおすすめです。

どんなに屋台や出店が多くても、例年大変混雑して並ぶのが大変な様子。

午前10時からスタートなので、午前中に行くことをおすすめします。

佐世保シーサイドフェスティバル2022の混雑予想

 

「させぼシーサイドフェスティバル2022」は3年ぶりの開催のため、会場やその周辺も道路の渋滞や混雑が予想されます。

夜の花火以外に楽しめるイベントや屋台・出店もあるので、昼間でも人は多そうですね。

多くの花火大会では、始まる1時間前から混雑する傾向にあるそうですから、時間に余裕を持たせ早めに会場についた方が安心です。

今年はまだ交通規制の情報はありませんが、例年通りだと会場周辺の交通規制は19時30分〜22時ごろにありそうです。

アクセス方法が便利なので、公共機関の利用をおすすめします。

そして多くの人たちが一斉に会場から流れ出るため、大会前より大会後の方が一番混雑します。

そのタイミングを避けて会場から出るようにしましょう。

花火の打ち上げが終了しみんなが動き出す前に会場から出るか、お祭りを楽しんでゆっくり帰れば、移動が少し楽になります。

佐世保シーサイドフェスティバル2022にトイレはある?

 

「佐世保シーサイドフェスティバル2022」のトイレの情報を調べてみましたが、公式サイトに仮設トイレの情報はありませんでした。

過去にトイレが混雑したという情報も特にありませんでした。

ただ過去の情報では、仮設トイレがいくつか設置されていたようです。

佐世保シーサイドフェスティバル2022の駐車場


「させぼシーサイドフェスティバル2022」に車で行く場合、駐車場はどこにあるのか?はとても気になるところです。

今年「佐世保シーサイドフェスティバル2022」の会場に臨時駐車場が設けられています。

ただし台数が限られているので、公共交通機関の利用も呼びかけられています。

 無料駐車場 


【 臨時駐車場 】

「佐世保シーサイドフェスティバル2022」の会場になる佐世保市総合グラウンドには駐車場がないのと、陸上競技場に駐車はできませんので注意してください。

臨時駐車場 相浦工業団地

臨時駐車場の相浦工業団地は、約2000台の駐車ができます。

それと、臨時駐車場と会場を往復する無料シャトルバスが出ていて利用できます。

特Pなら人気エリアの駐車場を事前に安く予約できるのでおすすめです!



その他にもいくつか車が止められそうな有料駐車場がありますので、まとめておきますね。

 有料駐車場 

 

【 タイムス九州労働金庫佐世保支店 】 11台

【 佐世保5番街トラストパーク3P 】 26台

【 佐世保駅有料立体駐車場 】 360台

過去の口コミでは駐車場探しから争奪戦だったとか。

車で行く人は事前に会場周辺の駐車場を探しておいた方が良さそうです。

佐世保市総合グラウンド周辺の駐車場

佐世保シーサイドフェスティバル2022のアクセス方法


「佐世保シーサイドフェスティバル2022」の会場に行くにはいくつかアクセス方法があります。

【 電車の場合 】JR佐世保駅から西肥バスで総合グランド前に下車

         JR佐世保駅から松浦鉄道で相浦駅 徒歩5分

                        ※当日佐世保駅から無料シャトルバスが運行予定です。 

【 車の場合 】 西九州自動車道相浦中里ICから5分

まとめ

 

「佐世保シーサイドフェスティバル2022」の花火の日程や穴場、屋台出店、駐車場などについてまとめてみました。

「佐世保シーサイドフェスティバル2022」の打ち上げ花火は、2022年9月11日(土)20:00〜 佐世保市総合グラウンド浦 相浦川河川敷で行われる予定です。

「佐世保シーサイドフェスティバル2022」花火を見る場所は、金比羅神社・佐世保総合グラウンド体育館・干尽公園などが穴場です。

今年は屋台出店が60店舗ほど参加予定です。

「佐世保シーサイドフェスティバル2022」の駐車場は、当日相浦工業団地が臨時駐車場として設けられています。

他にも、臨時駐車場や佐世保駅から会場まで無料のシャトルバスが運営される予定です。

佐世保シーサイドフェスティバル2022」は事前に駐車場や花火を見る場所・穴場さえ押さえておけば、よりイベントが楽しめると思います。

3年ぶりのイベント、ぜひ綺麗な花火と美味しいご当地グルメを楽しんできてください。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。 

14:38