グルメ

太陽フレア2022年の影響はいつからいつまで?対策法はなにかある?

100年に1回以下の頻度で発生するといわれる太陽フレア。

地球周辺の磁気が乱され、カナリの影響があると想定されるというニュースがあり、話題になっていますね。

最悪の場合携帯電話の通信やテレビ放送など2週間程度断続的な影響があるということで影響がいつからなのかや対策法・そして近頃日本で起きている地震と影響があるのでは?という声が多く話題になっています。

今回は、太陽フレア2022影響はいつからいつまで?対策法はなにかある?地震との関係は?についてまとめていきます。

この記事でわかること

  • 太陽フレア2022年の影響はいつからいつまで?
  • 太陽フレアとは?太陽フレアで起きる影響は?
  • 太陽フレアの影響での対策法は何かある?
  • 太陽フレアと地震は何か関係あるの?

 

太陽フレア2022の影響はいつからいつまで?

太陽フレアの2022年の影響がいつからいつまでか正確に予想することはできせんが、太陽系の活動の次のピークは2025年7月頃です。

しかし、2022年の現在も太陽活発化が始まっている状況なので、いつ太陽フレアが発生するかはわかりません

2025年まで3年ありますが、徐々に活性化していく時期であるので油断はできない状況です。

日本の研究では、太陽フレアの影響が24時間先までにどうなるのかの予測を24時間体制で行っています。

現在わかるのは「静穏」か「活発」かという2点で、LVが4段階あります。

今後はさらに研究を重ねて「通常」「注意」「警報」という段階を数日先まで予測できるように考えているようです。

宇宙天気予報はこちらから確認できます。

 

太陽フレアとは?太陽フレアで起きる影響は?

そもそも太陽フレアとはいったい何?という方も多いと思いですよね。

太陽フレアとは太陽の表面で起きている爆発現象のことで、電磁波や粒子線を放出して地上に影響を与える場合もあります。

フレアは黒点の磁場が変化するとき、そのエネルギーがまわりのガスにつたわっておきると考えられます。
高温の爆発するガスからは、電波やX線のほかに、電子や陽子などの電気をおびた素粒子が飛び出してきます。
X線やこれらの素粒子は地球に十分から1〜2日後に到着して、電離層や地磁気を乱して、電波通信が妨害されるデリンジャー現象や磁気嵐をおこします。
また、オーロラの活動も活発になります。

引用:国立科学博物館-宇宙の質問箱-太陽編 (kahaku.go.jp)

 

小さな太陽系の爆発現象は1日数回起こることも珍しくありません。

地球までの到達時間は10分程度から2日後など様々です。

高温で爆発し電子や陽子などの電気を帯びた素粒子などが地球まで届きます。

2025年頃にピークを迎える太陽フレアは100年に1回以下の大規模なもので、以下のような影響が起こるといわれています。

・人工衛星のトラブル
・通信障害
・電子機器の故障
・GPSの誤差が増える

・大規模停電2週間程断続的に続く可能性もあるようです。

 

太陽フレアの事前対策はある?

先ほどもお伝えした通り、太陽フレアでの主な影響は通信系の影響です。

個人で対策できることは限られますが、このようなことが対策できそうです。

  • ライトなどの準備
  • ガスコンロの準備
  • バッテリー関係の準備
  • 通信系のものの各種バックアップをとっておく
  • 通信手段が使えなくなるので、家族と連絡手段等を相談しておく。

 

スマホなどで連絡を取り合うことやインターネットがない時代を過ごしたことのない世代も多いと思いますので、事前に話し合っておくことがオススメです。

 

まとめ

今回は、太陽フレア2022年の影響はいつからいつまで?対策法はなにかある?についてまとめていきましたがいかがだったでしょうか?

太陽フレアがいつからいつまで影響が起こるのかは正確にはわかりませんが、2025年の7月頃にピークを迎えます。

いつ起こってもおかしくない状態ではあるので、宇宙天気予報をチェックしたり、事前に自分でできる対策や準備はしておくと良さそうです。

太陽フレアの影響は主に通信系のもので、自身で対策できるものは停電や携帯などのバックアップ・家族との連絡手段を考えておきましょう。

 

それでは今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。