人物

常田大希の兄・俊太郎は東大出身社長!高校や学歴・バイオリンの腕前がすごすぎる

独特なセンスと幅広い音楽ジャンルの要素を合わせ持つKingGnu(キングヌー)は、常田大希が率いる日本の4人組人気ロックバンド。

「白日」「PrayerX」「Vinyl」など、テレビ番組やCMソングで彼らの曲を耳にした方も多いと思います。

そのKing Gnuのリーダー常田大希さんには、俊太郎さんという2歳年上のお兄さんがいます。

弟の常田大希さんはJ-POP界で超売れている有名人。

そのお兄さんもまた一般人ながら東大出身の社長であり、KingGnuやmillennium paradeのバイオリンを担当するすごい人のようです。

今回は、常田大希の兄・俊太郎は東大出身社長!高校や学歴・バイオリンの腕前がすごすぎる!についてまとめていきます。

この記事でわかること

  • 常田大希の兄・俊太郎は東大出身の社長。高校や学歴について。
  • 常田大希の兄・俊太郎はバイオリンの奏者で、腕前がすごい。
King Gnuライブ2022の当選倍率がヤバい!当落結果とチケット詳細も!King Gnu初のCLUB GNU会員限定ライブ「King Gnu Live Tour 2022 CLUB GNU EDITION」が...
KingGnuライブ2022全セトリ感想レポ!グッズ列や売り切れ情報も大人気アーティストのKingGnuの会員限定ライブツアー「King Gnu Live Tour 2022 CLUB GNU EDITIO...

常田大希の兄・俊太郎は東大出身社長!高校や学歴は?

常田大希さんの兄・常田俊太郎さんは東京大学出身で現在は「株式会社ユートニック」の社長を務めています。

すごすぎる常田俊太郎さんの学歴や社長業についてまとめていきます。

 

常田大希の兄・俊太郎の学歴

常田大希さんの兄である常田俊太郎さんの学歴やプロフィールはこちら!

出典: JAPAN POPULAR CLASSICS ORCHESTRA

名前:常田俊太郎
生年月日:1990年6月6日
年齢:32歳(2022年現在)
出身高校:長野県伊那北高等学校
出身大学:東京大学工学部
出身:長野県伊那市
職業:株式会社ユートニック代表取締役

常田大希さんの兄・俊太郎さんは日本一有名な大学、東京大学工学部の出身です。

高校は、長野県伊那北高等学校を卒業。

弟の常田大希さんも同じ高等学校を卒業されています。

伊那北高等学校の偏差値は62-67と高く、長野県の高等学校で堂々の4位でした。(伊那北高等学校偏差値2022版より)

 

高校を卒業後は、東京大学工学部に入学されています。

日本一偏差値が高いというイメージの強い東大。大学偏差値ランキング2022によると現在も1位は東京大学で、偏差値は75という相当高い数値です。(大学偏差値研究所調査より)

こうして学歴を見ると、高校の時も大学の時も優秀な学生さんだったのですね。

 

弟の常田大希さんの方は高校を卒業すると、東京藝術大学へ進学しています。

東京芸術大学は芸術大学ではトップクラスの偏差値の大学。この大学も東大と同様に入るのが難しい大学です。

(その後、「社会と結びついた音楽がしたい」と決心し1年で中退しました。兄・俊太郎さんから親を悲しませるからと休学を進められたそうですが…)

兄弟どちらの学歴をみても、常田大希さんと兄・俊太郎さんは素晴らしい頭脳の持ち主ということですね。

ちなみに、常田大希さんのおじいちゃんも東大出身です。カラーテレビの開発者で紫綬褒章を受賞した常田朝秀さんだったとか。

天才の多い家系なのかもしれませんね。

 

常田大希の兄・俊太郎は社長としても成功者

常田大希さんの兄・常田俊太郎さんは「株式会社ユートニック」の社長です。

俊太郎さんは東大卒業後、新卒で経営コンサルティングの会社に就職されたそうです。

そこでキャリアを積みビジネス経験を生かし、現在の「株式会社ユートニック」の代表取締役社長を務めています。

「株式会社ユートニック」は、2018年7月常田大希さんの兄・俊太郎さんと今井祐輝さんが共同で立ち上げた会社です。それぞれ担当は俊太郎さんが企画経営者で、今井祐輝さんが製品開発者。

主に、音楽家やクリエイターの活動を経済的支援する「コミュニティプラットフォーム」アプリ「utoniq(ユートニック)」を開発・運営しています。

以下の動画で「utoniq」についても詳しく紹介されています!

 

月額課金制でアーティストを定期的に支援することで、支援者側は「utoniq」だけのコンテンツを楽しめる仕組みがあります。

例えば、これまで収益化していなかったアーティストのデモ音源やオフショットの写真をデジタル上で手軽に購入できたり、QRコードを使ってそこだけ限定コンテンツとして「〜できる権利」などチケットのような役割を持たせることもできます。

アーティスト側は、「utoniq」のサービスをSNS感覚で気軽にできることがメリットでしょう。

「utoniq」のシステムには、ファンとアーティストの交流や接点が増え、音楽ビジネスがもっともっと活性化できるようにしたいという願いが込められているのです。

 

この他にも、とんねるずの木梨憲武さんとタッグを組んで制作したアプリ「フェアリーズコレクション」なども手掛けています!

 

そして、常田大希さんの兄常田俊太郎さんは勉強だけでなく、素晴らしい音楽の才能の持ち主でもあります。

音楽一家に生まれ、自分もその道を志していましたが途中で一度断念しています。その経験と音楽や音楽家たちへの愛がこのアプリのきっかけにもなっているそうです。

次は常田大希さんの兄・俊太郎さんの音楽の才能についてみていきましょう。

 

常田大希の兄俊太郎はバイオリン奏者で腕前がすごい!

常田大希さんの兄・俊太郎さんがバイオリンを習い始めたのは4歳からでした。

元NHK交響楽団コンサートマスターの田中千香士(たなかちかし)さんから教えを乞うなどして徐々に実力をつけていきます。

その結果このような素晴らしい経歴をお持ちです。

2007年高校2年生の時、第17回クラシック音楽コンクール全国大会5位入賞。

第60回全日本学生音楽コンクールヴァイオリン部門東京大会入賞。

第9回江藤俊哉ヴィオリンコンクールジュニア部門全国大会3位

また受賞者演奏会では、日本フィルハーモニーとの共演もありました。

しかし大学受験の時、音楽に対する自分の熱量が足りないのとその道で生きていくのは難しいと堅実に考え、音楽の道へは一度は断念しました。

その後再び自分のやりたいことを考えた結果、好きな音楽と関わるため会社を自ら立ち上げ、再び音楽家としてバイオリンを演奏し活躍しています。

King Gnuのアルバム「CEREMONY」や常田大希さんプロデュースの「millennium parade」にバイオリンの奏者で参加したり、2020年2月23日の情熱大陸にも常田大希さんの兄として登場することも。

 

この投稿をInstagramで見る

 

常田俊太郎(@shuntaro.tsuneta)がシェアした投稿

 

そんな常田大希さんや兄・俊太郎さんは、どんな環境で育ったのでしょう?

常田一家は音楽一家です。音楽は身近なものであり生活の一部でした。

そして家族一人一人いつも違う楽器を手にしていました。

ロボットエンジニアの父はジャズピアノを、ピアノの先生の母はクラシックピアノ。常田俊太郎さんはバイオリンを、常田大希さんはチェロを演奏していたそうです。

環境が人を作ると言いますが、常田一家の人たちを見るとその言葉に頷けます。

 

兄・俊太郎さんという人は音楽エリートでその上頭もよくてイケメンなのですから、文武両道の才色兼備という言葉通りの方ですね。

まとめ

常田大希の兄・俊太郎さんは東大出身のIT関連社長であり、プロのバイオリニストです。

常田大希の兄・俊太郎は文武両道・才色兼備のすごい人。常田大希さんとタッグを組めば最強音楽コンビなので、ますます活躍が期待できそうです。

King Gnuライブ2022の当選倍率がヤバい!当落結果とチケット詳細も!King Gnu初のCLUB GNU会員限定ライブ「King Gnu Live Tour 2022 CLUB GNU EDITION」が...
KingGnuライブ2022全セトリ感想レポ!グッズ列や売り切れ情報も大人気アーティストのKingGnuの会員限定ライブツアー「King Gnu Live Tour 2022 CLUB GNU EDITIO...

それでは今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

14:38